自然治癒力の活用|更年期障害から自律神経失調症の症状を起こさないためにできること

更年期障害から自律神経失調症の症状を起こさないためにできること

自然治癒力の活用

ドクター

近年では、医療の進歩によって効果的ながん治療が受けられるようになりました。例えば、免疫療法によるがん治療が挙げられます。免疫療法というのは、患者の免疫力を高めることによってがん細胞を排除するといった治療法です。つまり、人が元々持っている機能を利用した治療法で、従来の三大療法(手術・化学・放射線療法)とは全く異なった方法となっているのです。ここでは、免疫療法について詳しく知っていきましょう。まず、がん細胞について説明していきます。

がん細胞というのは、人の体内において常に存在している細胞です。しかし、全ての人ががんを発症している訳ではありません。それは、免疫が機能しているからです。免疫がしっかりと機能していることによって、毎日3000から4000個ほど発生するがん細胞を体内から排除することができ、その発症を抑えることができています。しかし、免疫力にも処理限界があるのです。がん細胞の発生数が免疫力を上回ってしまった時には、がんを発病してしまうでしょう。免疫療法は増殖してしまったがん細胞を排除できるレベルまで免疫力を高める治療法で、副作用も殆ど発生させずに病巣を縮めていくことができます。しかし、この治療法は時間が掛かるため、基本的には従来のがん三大療法と併用して用いられます。免疫療法のみが用いられるケースというのは、主に初期のがんに限ります。もし、手術や化学療法、放射線による副作用を避けたいと考えているのであれば、がんを早期に発見できるように心がけましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加